ギャンブル依存症の恐ろしさ

今からお話させていただくのは、私が20代の頃のお話です。大学在学中は、ほぼギャンブルもしない普通の学生でした。卒業後、働いたお店が飲食店になり、そこで先輩からスロットを教えてもらったのがキッカケです。

覚えたての頃は、運も良く勝ち続けていたのですが、皆さん経験あると思いますが、やっぱりトータルはマイナスになるんです。そのマイナスを取り戻そうと、寝る間も惜しんで、スロットに行く毎日。気づけば給料がない。そんな時に出会ったのが消費者金融でした。

毎月の返済をしながらそれでもスロットに行く。お金か無くなれば、他の金融に行く。今思うと馬鹿な事してたと思います。その内、信用が無くなりお金が借りれなくなったら、次は友達に頼みだす始末、そんな事を繰り返ししていたら、親友などもみんな離れていってしまいました。

この時の事は今でも後悔しています。今では遊び程度で行く事はありますが、当時のような無茶はしていません。そして、悔いは残りますが後悔しないように考えています。その時代があったから、今の生活があって、新しい友達がいて、大事な人と出会えたと思っています。

私と同じ理由で苦しんでいる方は、多いと思いますが、一度自分の周りを見て下さい。貴方を大事に考えてくれている人が必ずいる筈です。だから後ろは振り返らず、皆さん前だけ向いて一度きりの人生を楽しんで下さい。