ギャンブル依存症の恐ろしさ

今からお話させていただくのは、私が20代の頃のお話です。大学在学中は、ほぼギャンブルもしない普通の学生でした。卒業後、働いたお店が飲食店になり、そこで先輩からスロットを教えてもらったのがキッカケです。

覚えたての頃は、運も良く勝ち続けていたのですが、皆さん経験あると思いますが、やっぱりトータルはマイナスになるんです。そのマイナスを取り戻そうと、寝る間も惜しんで、スロットに行く毎日。気づけば給料がない。そんな時に出会ったのが消費者金融でした。

毎月の返済をしながらそれでもスロットに行く。お金か無くなれば、他の金融に行く。今思うと馬鹿な事してたと思います。その内、信用が無くなりお金が借りれなくなったら、次は友達に頼みだす始末、そんな事を繰り返ししていたら、親友などもみんな離れていってしまいました。

この時の事は今でも後悔しています。今では遊び程度で行く事はありますが、当時のような無茶はしていません。そして、悔いは残りますが後悔しないように考えています。その時代があったから、今の生活があって、新しい友達がいて、大事な人と出会えたと思っています。

私と同じ理由で苦しんでいる方は、多いと思いますが、一度自分の周りを見て下さい。貴方を大事に考えてくれている人が必ずいる筈です。だから後ろは振り返らず、皆さん前だけ向いて一度きりの人生を楽しんで下さい。

注意すべきことが書かれていました。参考になります。:学生がお金借りるなら気を付けたいこと

カッチカチのシャリが出てきた時どう思います?

回転寿司って行きますか?一皿108円という安さから利用しやすい回転寿司。くら寿司やスシロー、カッパ寿司など大型チェーンが様々な期間限定寿司や企画物のメニューでその人気を争っています。

そんな回転寿司ですが安いだけに誰もが何らかの不満を持ったことは多いのではないでしょうか。基本的にお高い寿司屋さんと比べて、経験の浅くて年齢の若いバイトの子が多いというイメージですよね。とはいえ、大手チェーンだけにそれなりにしっかりとした接客はしてくれます。

回転寿司でいらっとするとしたら鮮度でしょうか。写真を見てみる限りそれはそれはおいしそうに見えるのですがいざ出てくるとメチャクチャ小さいネタが乗っていたり、さっき運ばれていた寿司に比べてネタが端っこの方のおいしくなさそうな部分だったりするとがっかりします。

まぁそれはよくあることですが、自分はもっとすごいことがありました。握り寿司をタッチパネルで頼んだのですが、運ばれてきた寿司を食べてみるとガリっと嫌な食感が。酢飯がカッチカチに固まっていたのです。家庭の炊飯器の横とかに放置されたあの硬い米のような状態です。ありえないですよね。店員に伝えて交換してもらいましたが、その分の料金は何も言われずに取られました。飲み込まなくてよかったですが鮮度以前の問題でしたね。

週に1度のピーリングでニキビができにくくなりました

 

 
思春期のような、おでこ全体に広がるニキビはできなくなりましたが、口の周りやあごにたまに大きなニキビがぽつりとでき、長引くと跡が残るようになってしまいました。
 
野菜や繊維質を多く摂るようにしたり、ビタミン剤や青汁を飲んでみたりしましたが、特に改善せず、ぽつりぽつりとニキビができるのは変わりませんでした。
 
ある時テレビで、たまにピーリングしてやると良いというのを観て、ピーリングジェルを購入。週に一度程度ですが入浴時にピーリングしてみたところ、特にあごの辺りのザラザラが改善され、そこに発生するニキビもなくなりました。
 
顔の洗いすぎや角質の取りすぎがよくないと思い込んでいましたが、ピーリングで優しくいらない角質を取り去るのは私の大人ニキビには合っていたようです。
 
刺激がないわけではないので、ピーリングの際は肌を強くこすり過ぎないことと、ピーリング後のケアはいつもより多めの化粧水やクリームでの保湿を心掛けています。
 
ピーリングした翌日は肌がワントーン明るくなっているのを実感できます。
ピーリングソープでの洗顔も手軽にでき、効果もありましたが、石鹸が水分に溶けてしまったりして週に1度程度だと管理が難しく、ピーリングジェルに落ち着きました。
 
ニキビ対策に詳しいサイト:本気ではじめるニキビケア
 
 

生活再建の借入ができる総合支援資金とは何か?

生活が困窮した時に利用することが可能な総合支援資金というのをご存知でしょうか?総合支援資金は、収入が無く生活再建をしたくてもできない状況にある人を対象にした支援制度で、生活再建までに必要な生活費用を貸付してくれます。総合支援資金には、生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などがありますが、最初から全ての利用申請はできません。

生活支援費は単身世帯の場合、月15万円以内を分割で貸付を行い、2人以上の世帯は月20万円以内を分割で貸付します。

住宅入居費は、賃貸契約を結ぶ為に必要な費用を貸付るもので、敷金礼金などまとまったお金を用意できない人が対象です。規定は、40万円以内となっていて一括で貸付をします。一時生活再建費は、生活再建を目的としたもので、転職や就職を前提にした技能習得の為の費用を貸付するものです。他には、滞納している公共料金への支払いや、債務整理をする際の必要経費なども対象で、60万円以内を一括貸付します。

ただし、住宅入居費と一時生活再建費については、生活支援費を利用してもカバーできない時に限り申請することができます。これらの総合支援資金は貸付条件があり、利用するにはその条件に満たす必要があります。

低所得世帯や他からの借入が不可能、返済の見込みがある、該当都道府県に住んでいる、福祉貸付制度の連帯保証人になっていないなどが貸付条件です。低所得世帯の基準については目安があり、1人世帯月収191.000円が平均値とされ、この平均以下が低所得世帯となります。また、世帯人数が増える毎に平均月収は増えていきます。

総合支援資金の場合、世帯月収が無しでも申請が可能ですが、福祉資金や教育支援資金への申込みは、世帯月収が無しだと申請できません。総合支援資金を利用するには他にも条件があり、以前仕事をしていたが現在失業中、生活保護や公的年金を受給していない、申請時の年齢が65歳未満などが条件で、また自営業や会社経営者も対象外になります。失業に関しては、失業から2年以内という条件もある為、詳細などの確認を該当機関で行うことが大切です。

とても可愛く雰囲気の良いカフェ

私が旅先で見つけたお気に入りのお店は、箱根にある『コトリエカフェ』というカフェです。
旦那と子供(当時2歳)と一緒に、芦ノ湖に向かう途中で見つけたカフェでした。
正直、店内はそれほど広いとは言えませんし、子供用椅子などはなかったのですが、他に入れそうなところもなかったので入店しました。しかし入店してみると、店内は所々に可愛らしい絵が描かれていて、とても癒される雰囲気でした。また、店員さんの対応もとても好印象でした。

子供を見ると、『子供用椅子が無いので申し訳ありません…。お気を付けてお座りください』と丁寧に声を掛けてくれました。更に、メニューに子供用のものが無いながらも、『もし宜しければ、エッグベネティクトの卵固め、ソース無しで、パンと具が別々に出せたりします。』と気遣ってくれました。 『飲み物も氷無しにも出来ますので。』『何かあったら言ってくださいね。』などと終始声掛けをしてくれて、とても気持ち良く過ごすことが出来ました。
メニュー自体は、エッグベネティクトとパスタ程度でしたが、味は良かったです。
私が訪れたときは、比較的オープンしたてのようだったので、もしかしたらメニューは増えているかもしれません。芦ノ湖の近くなので、食事をした後すぐに芦ノ湖に向かえて時間も有効に使えました。子連れではなかなか遠出も難しいですが、また行ってみたいと思います。
また、カップルや友達で行くのには、ゆっくり出来るカフェだと思います。